<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

寝相

今日は 長い文を たらたらと書きます
以前は人を診る側でした 今でもそうなのですが(汗) 4年ほど前に 癌を患い 
治そうなんて嘘臭く思い デジカメ写真に凝って逃げてましたが 
本当は 何をしたいのか…と振り返りますと  やっぱり こちらに顔を向けないと
後悔するのかなとも思いなおしました ので ー

下の文は 参考書の抜粋です 


これから 暑くなると、子供が寝床から転がり出して寝冷えすることがある。
寝冷えはもちろんいけないが、この寝相ということが問題なのだ。

夜間、眠っている人の身体の姿勢を連続観察していると、種々な臥位をとるものだという記事を
見たことがある。当然なことである。石地蔵さんをころがしたように身動きせずに眠りつづける人なんか、
そんなにザラにあるはずはない。人間は日中種々な姿勢で動作する。そして或る部分の疲労を蓄積するのである。
疲労というのは或る一定の組織に老廃体液が貯留して異常(+あるいは-)な緊張感覚がおこるものと思うのであるが、
骨格の各関節がフルに円滑に運動しているなら老廃体液の貯留はそんなにひどくは起こらないのであろう。
なぜなら、筋系等は関節運動のため過剰な緊張は被らないからである。
しかし残念ながら、人間はそんなに完全に各関節が潤滑油で動く機械のようなのはない。その機械だって、油もやらず、
調節整備もやらなければ、疲れるだろう。故障が起きて、最後にはこわれる。人間だってそうである。
骨格が許された限度を超えて酷使されると、変位を起こすのである。屈位で長いこと仕事をしたら、背を伸ばし、
両手を挙げて、あくびをするのではないか。これで骨格の調節をしているのである。
田畑を耕す農夫でなくとも、土堀りでもしたら、腰を伸ばして叩きたくなる。

寝相もそう。体重力を利用して、骨格の凹凸を調節するのである。それも無意識で、潜在意識が自然良能を
やってくれているのである。よく心臓の弱い児がうつ伏せに寝るといって、ヒックリ返してやる親ごさんが
あるが、翌朝までに体の調子をよくして、機嫌良く目をさますことができないのである。
血圧の高い人は高枕が好きで、血圧の低い人は低い枕が好きだといわれるが、それもみな骨格の関係に
よるのである。血圧が高くて骨格がそうなっているのではなくて、そのような骨格の人が高血圧に
なりやすいのであろう。
骨格、体勢の観察をもっと深めてゆくのなら、疾病との関連をもっと突きとめられると思う。
しかし、今のところ、誰もこんなことを突っ込んでやってみてはくれない。
私はそれが残念でこんな寝言みたいに思われることを書き散らすのである。

頭痛もちの人は、多くの場合、左の頸すじが凝っていて、頭蓋骨下縁後部正中と乳嘴突起の中間に
いちじるしい圧痛点があり、肋背部の後腋窩線に沿う圧痛帯と、左大腿の上外後側に、
圧痛線が著名にあらわれている。左恥骨部の圧痛著明である。かかる患者に出逢うとき、
仰臥させて、両膝を屈し、左下腿の下部をつかんで、股関節で屈曲するように持ち上げてやり、
静かに左足をお尻の直前に下ろすようにさせる。まさに足が床に着かんとするところ、
少し抵抗を加えてやり、患者自身に急に脱力させると、今までの一連の痛みは即時にとれて、
頭も軽くなり、頭痛もなくなるのが普通である。特定な骨盤のズレが整復されるからである。
技術にコツと上手下手はあっても、原理さえ呑み込めば、誰にでも至極簡単にやれる施術で、
患者には大変喜ばれる。骨格は一連の連動装置だから、そうなのである。
こんな人はよく胃下垂になっている。それも、この方法で大いに軽快するのがたくさんある。
骨格変位が診断名のつく以前の前疾病状態をあらわしており、患者の主訴があっても、
医師がそれをもてあまして、ノイラスとかヒスとかでかたづけても、患者は決して満足しない。
療術師問題がまたやかましくなってきたが、医師たるもの、もっと骨格の変位と、その調節整復に着目、
修熟する必要があると思う。癌でさえ前癌状態という期間があると言われているではないか。
手術に持っていくようになる前に、もう一度、骨格との関連を探求すべきである。

寝相といっても一概にバカにできないし、もっと素直に、自然の秘密と、その由って来たる理由を、
聞く耳と眼をもちたいと思う。

              操体法 機関誌 「イサキ」より 橋本敬三著 



板取地区の 紫陽花はまだ 「あじさい祭り」の前の週に

b0311168_19155375.jpg
b0311168_19165055.jpg
b0311168_19181924.jpg
私は あじさいより ツツジが 綺麗にと思いました

b0311168_19203350.jpg
チェルシーは  足湯ならぬ足水

b0311168_19100811.jpg
では また次回です





[PR]
by kabu360 | 2015-06-30 19:25 | Trackback | Comments(7)

100%

100%

人間は誰しも これを要求する
60%とれば間に合うのだが
欲が深すぎる
ホド⌒に生きれば
この世は極楽



まぁ~これは ワタクシの 側面の一つでしている事の 今は亡き方の一言なのですが

人間 欲を追求して生きてますからね…ワタクシも 今でも学習能力が衰えて

ついつい失敗します


前記事は  ある運動のご紹介でしたが 

実はチェルシーも 体操をしてます…


b0311168_17490253.jpg

続いて

b0311168_17492991.jpg

さらに伸びて~ぇ

b0311168_17494897.jpg
いやいや 体操でなく これは 道に何か臭うモノが 落ちてたので 擦りつけてるんです

せっかく前日 洗ってやったのに…(汗)


散歩後に  水を飲むんじゃなく 足を冷やしてるんですかね

b0311168_17500964.jpg
こちらも 紫陽花の季節です

b0311168_17504733.jpg


先日 夕暮れ時に 犬山城を見て

木曽川から 鵜飼の船が 肉眼では見えたのですが カメラには腕が足りず

b0311168_19011190.jpg

こちらは  鵜沼から 犬山遊園に掛かる 右は車道の橋で 左は名鉄線の橋梁です

b0311168_19004591.jpg
では また次回です






[PR]
by kabu360 | 2015-06-25 19:38 | Trackback | Comments(18)

方向転換

間が空きました

梅雨で曇りや 雨降りの日もあったせいも ありますが

仕事の関係で やや忙しく ゆったりと 更新をする気分が持てませんでした


b0311168_6474159.jpg



ブログの更新を サボってる間に ちょいと 方向性を変えてみたいと思いました

今迄は ただデジカメで 下手な写真を載せて 呟いてましたが

話題の多面性や展開力に  マンネリや限界性を 感じてきましたので 


b0311168_1631090.jpg



急なことですが ブログの内容を  少し変えて 発信したいと思います


b0311168_161675.jpg


(撮影地  郡上市大和町 古今伝授の里より)

と言って あまり変わらないかもしれません(汗)


まず 今回は ワタクシは 早朝 ハマってる 運動は 「シコトレ」 と言うようなのですが

とってる新聞の記事で読みまして これなら 簡単で出来そうと 思いました

記事を書かれてるのは 松田 哲博 さん言う (力士 元・一ノ矢)方ですが 

本も出されてるようです

ワタクシが拙い文章で 説明するより 動画を貼りましたので ご参考にしてください






どうでしたか!


私は エアテッポウは やってませんが 四股を踏んで 片足を上げて やったりもします

まぁ~早朝ですので ドンドンと音を立てずに  スローでやろうとしますと 

これまた 難しいのですがね(笑)

あっ! チェルシーも 不思議そうな 顔をしてます (ブレてますけど)

b0311168_16571584.jpg


では 今回はこの辺で  また次回です
[PR]
by kabu360 | 2015-06-22 17:00 | Trackback | Comments(17)

雨の愛宕

先週 訪問先で 庭に咲いてる 花を撮らせていただきました

b0311168_16503464.jpg

花の名前は 「カ…」なんとかで 忘れてしまいました (汗)


今日は全般的に曇りでした 梅雨の時期だけに 雨が落ちても仕方が無いのですが

蒸し暑さを 抑えるのは雨も効果的なのものでしょう  しかし 九州の方では 雨量が記録的な所もあるようで

昨今の気象状況は 限局的ですね


b0311168_16595403.jpg
先週 雨降りでも デジカメで 撮って遊んでました


仕事の合間に 寄った八幡町の 愛宕神社です 神社の傍に公園が在るのですが 雨でそちらには歩きませんでした


セピア色で 載せてみました

b0311168_18130934.jpg
こちらから 本堂に行けます  

b0311168_18135952.jpg

雨が落ちる中 傘をさして撮るって 難しいですね




b0311168_18162688.jpg

何が撮りたいのか よくわからないのが またイイかもです (汗)  

本来の色に 戻しました


b0311168_18181141.jpg

よくってほど来ませんが  長靴とか 履いてないので  草むらより 石段の方へ来ました




b0311168_18243277.jpg
これは桜の樹なのですが 春に 夜桜見物でも 来て撮りましたが 暗くなって失敗しました

やはり 昼間に 撮る方が私には向いてます

b0311168_18281479.jpg


水面に雨の落ちる波紋が 写ってます  梅雨時らしいと感じました

b0311168_18320049.jpg
では また次回です




[PR]
by kabu360 | 2015-06-16 18:34 | Trackback | Comments(9)

清掃犬から池の周り

以前の記事で「新緑とゴミ拾い」にて

チェルシーが お城への道で ゴミをくわえて 私がお手洗いの裏側に置いた記事がありました

その記事で 「チェルは お利口さんです」との お褒めの言葉をいただき 

飼い主として ただただ感謝を致します <(_ _)>

しかし 飼い主としても そんな人の役に立つことなど 教えた訳でもないのに なぜ!するのか

やや不思議でした    が!


前記事の ソフトクリーム好きから連想されると  察しがつくかと思うのですが

チェルは ミルク味が好きなようです

この日も  お城山の 散歩でしたが  いつからか何か白いモノをくわえてました

b0311168_1836325.jpg



横から見たら 某ヨーグルトメーカーの空き容器でした  

b0311168_18392264.jpg



私とチェルは いつも歩いてお城の入城口まで来ますが  私がゴミを拾っても ボランティアか

関係者だろうぐらいな 目で他人さまに見られるのですが  犬がこのようにくわえてますと

ネクタイ姿の オジサンでも (偶々 すれ違い際に) 「えらいね~っ」と 声を掛けてもらえました!

この違いはなんだ!(汗)  

まっ! オジサンだったから オジサンの私も ヨシとしよう(笑)

と…話が反れましたが チェルは前記事のソフトやこのヨーグルトの味? 臭いが好きなんだなと

私は解釈しました

チェルに ゴミ箱が無いから またこの前のように お手洗いの裏に 置いてねと

b0311168_18575818.jpg



容器の中の 味が若干あったのか 未練もあったようですが 置いてきました


その後 チェルを連れて 関市の 中池に 散歩に行きました

この池には ハクチョウが居ますが 此の日も いらっしゃいました

b0311168_19104762.jpg



望遠レンズなど持ってないので  池を端に在る 遊歩道から そぉ~っと 近づいて 撮るくらしか

出来ませんでした。

もちろん 人の往来はあるので慣れてるには慣れてますが レンズをまともに向けると 苦手かと

思いました。

子どもハクチョウ? いや鴨の幼鳥かと 思いましたが ハクチョウが大きいので 群れの鴨が小さく

b0311168_1920125.jpg


すぐ近くの 水面に居ました


チェルはと申しますと ハクチョウや鴨には 興味が無いのか 

それとも普段とは違う所の臭いが気になるのか  直ぐ傍で ウロウロと

b0311168_19225112.jpg



やっぱり いつもと違う歩道の 臭いは 興味津々のようです 

b0311168_6324260.jpg



たいてい 来たら 池の周りを1周回るのですが 今回は他の用事も有りましたので 

Uターンして また先ほどの ハクチョウがいる方へと 来ました  そしてら

連なってるような浮き輪ならぬ浮き板に 亀が乗ってました (丸で囲いました)

b0311168_6412831.jpg


亀も 登れる岩が欲しいですよね

では 最後に もう一度 ハクチョウが見たいなぁと思いましたが 

草むらに隠れて ハッキリと見えませんでした

b0311168_64528100.jpg



では また次回です
[PR]
by kabu360 | 2015-06-11 06:49 | Trackback | Comments(13)

ひるがのにて 3

前記事からの続きで  

湿原植物園からです  休憩所も在りましたが  園の外では 家人とチェルが待ってますので

b0311168_16231666.jpg


休んでられません

園から出て  家人から前出の ソフトクリームは あまり美味しくなかったと聞かされ 

私は 湿原の状況を伝えて チェルはと聞いたら

お利口さんで 待ってたようです

b0311168_16302054.jpg



私は歩いてましたが 家人もチェルも自由に歩ける場所がないかな~と探しながら  白樺を見ました


b0311168_16344829.jpg



それから近くに 分水嶺公園が在るのを

思い出し 寄ってみたのです

前出の 湿原では無いのですが 此方は整地されいて  チェルも入れそうなので 一緒に中へ

此処にも 水芭蕉は咲いてました

b0311168_17204323.jpg


その周りに リュウキンカと言う黄色い花

b0311168_17254369.jpg


水芭蕉を ちょっと 遊んでみました

b0311168_18275923.jpg



更に奥に行ってみようと言うことで 奥に続く道の方へ 歩き

b0311168_18293677.jpg



一歩奥へとは行きませんが  歩いて行くほど 風景もガラッと変わるのが 不思議ですね


普通車がと云えませんが 軽トラが通れるくらいの 道が続いてました

此処で チェルのリードを外しました

b0311168_17494371.jpg



私たちと  数メートル距離を措いて  止まって 此方を見て 呼び止めない限り 先へ行きました

b0311168_1756969.jpg



この後 チェルは 草を齧ったり 酷いのは 泥水の溜った処に入ったりと  私たちは

帰りに公園で 水の流れてる所で チェルの脚を洗って拭いたり と大変でしたが 

歩いたし 疲れたので そろそろ帰ることに しました

後ろの席では  

b0311168_18364181.jpg


走り?疲れたのか よく寝てます

しかし 私は 少し甘いモノが食べたいと 思い途中で またもソフトクリームの旗を見て 

車を停め 今度は普通のソフトクリームでしたが 家人も少し食べて 此方の方が 美味しいと

言ってました

しかも このソフトクリームに反応したのが なんと チェルシーでした(汗)

b0311168_18414891.jpg



さっきまで 寝てたのに…… こやつは!

b0311168_1843157.jpg



では また次回です
[PR]
by kabu360 | 2015-06-08 18:46 | Trackback | Comments(12)

ひるがのにて 2

前記事からの続きです

家人はソフトクリームを食べているので

私は 湿原植物圓に入りました 

b0311168_19421492.jpg


ここは 人は入園OKでしたが ペットはご遠慮くださいとのことでしたので 

家人はチェルシーと一緒に 園の外で待ってるとのことでした。


花は咲いてるのか 咲いてないのか 植物には 明るくないのですが 池の周りの 花を見ただけで

b0311168_1951347.jpg




ハイイヌツゲ… が 咲くようですが

b0311168_19524362.jpg



どこに何が咲いてるのか…私では 判りません(汗) それらしきは 何となく。。。。

b0311168_1956868.jpg



板でつくられた通路を歩いてますが  雨が少ないのも理由になりましょうが

湿原と云うより 逆に乾燥地帯を歩いてるような 感じもしました


b0311168_19462751.jpg



未知との遭遇ならぬ 道と野草遇ですかね (汗)

b0311168_6372673.jpg



などと 馬鹿な発想をしたりして さらに歩いてました

b0311168_6413213.jpg



やはり 湿原植物だけに 色は期待せずに 珍しいかたちの花木を楽しむ場所でしょうね

ワタスゲと云う 札を見ました  

b0311168_6423618.jpg



これでしょうか  綿のような頭の花木  もちろん触るのもご遠慮くださいとのことで したので

b0311168_6482175.jpg



触りませんでしたし 板から離れてました

小さいけど シオカラ君も ごあいさつに来てました

b0311168_6515772.jpg



しばらくあるいて

b0311168_6531921.jpg



ここにきて ようやく 色鮮やかな サツキでしょうか 咲いてるのを見ました

b0311168_65644.jpg



もう一枚

b0311168_6565790.jpg



ここには 水芭蕉も 少しですが咲いてました

b0311168_1493881.jpg



さきほどのワタスゲも 咲いてます 

b0311168_13384029.jpg



では 湿原植物圓 もう少しで出ますが ここでまた次回とします
[PR]
by kabu360 | 2015-06-06 14:13 | Trackback | Comments(11)

ひるがのにて 1

b0311168_19143917.jpg


此の日は 高鷲町 ひるがのに来ました


上の写真は 以前 来た事がある 畑のパノラマ風の写真です

その以前とは

b0311168_6525935.jpg




b0311168_6534610.jpg




b0311168_6543052.jpg




b0311168_19173634.jpg



このように大根畑ですが 奥の大日岳をバックに 撮ってました


ついでに こんなのも

b0311168_6563010.jpg




b0311168_657328.jpg



この畑の周辺へ 来ましたら  思い出し 以前の記事から 持ってきました


今回は いつものことですが チェルシーと家人とで来ました

実は こちらにドックカフェが在るらしいとの 情報を家人が見出し 写真は無いのですが

お店に入ったら いや 入る前から ワンコの鳴き声がしたので 「ここだ!」と見当は ついたのです

ですが  人も居るし他のワンちゃんも居る(ミニチュアダックスとプードルらしき)ので いつものことですが

チェルは 嬉しさ余り落ち着きが無く 私はカメラ撮影どころか 見守り役で リードが テーブルの脚などに 

絡まり 動き難くないか 下を見ながらの  メニューを選んで注文しました

私は飛騨牛の牛丼 で 家人はスパゲティー系でした カフェでしたが 朝食抜きでしたので

ランチものに目が行ってたのです 

注文しましたけど チェルが落ち着かない様子と お店の中は喫茶店と云うか入園児のおもちゃらしき

物も沢山あり 託児所のような雰囲気もありました  家族経営と云いますでしょうか お店には

小さい子供さんが見えたので  ワンコどころか 大人も落ち着かない雰囲気でした

それでも 早々に食べ お店を出て ドックランの場所が近くにあるとのことで チェルを放して遊ばせました

b0311168_19361638.jpg



此方に向かって ダッシュしてきます

b0311168_19375494.jpg




前々記事の 自然遺産の森での 放した草原よりは 狭い場所でしたが それでも チェルには

開放感が 与えられて 喜んでるようでした


雨が降らない 5月と云うか 梅雨明けしグングン気温が上がりそうな夏に似た  5月でしたので

またこれも 家人が パーキングで寄った際に 見つけた アイスです


b0311168_628650.jpg


黒いのは 黒ゴマだったでしょうか 私は 一口もいただいて無いのですが

家人は あまり美味しくはなかったと つぶやいてました


私は何をしていたかと申しますと こちらの中を 歩いてました 

b0311168_6325136.jpg



次回は こちらの中からです  では。
(1,8,9,10 sony WX-5  2,3,4,5,6,7 olympus E-300 11 SIGMA DP2x)
[PR]
by kabu360 | 2015-06-04 06:43 | Trackback | Comments(14)

5月 北濃駅

もう先月の話になりますが  

2月の終わりころに北濃駅に 行きました  その頃は 残雪が腰から背丈ほど残ってましたが 



5月半ばに 行った時は  もう流石に 雪は無く

b0311168_18412136.jpg
駅舎の前に壁のような雪は  


こちらも 流石に 雪は在りません

b0311168_18481024.jpg
あの時 見たかったのは  この転車台でした  当然 今では使われてませんが 

b0311168_18524468.jpg
今回は見えて よかったです  でもトラロープが 何だか邪魔ですけど

b0311168_19150167.jpg
今回も 長良川鉄道の車両は ダイヤの関係で 当駅に留まってませんでした  

まあ車両より 駅が目当てなのですけど 

b0311168_19180345.jpg
b0311168_19192321.jpg

ささやかな 鉄分補給でした





b0311168_19204349.jpg

b0311168_19220560.jpg

では また次回です

           


[PR]
by kabu360 | 2015-06-01 19:22 | Trackback | Comments(8)