<   2015年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

自然遺産の森で その2

今回は 前記事と リンクする所が 出て来ますが 続きと思って見ていただければ と思います

前記事と同じく 此の日も 奥へと進みました


b0311168_06543384.jpg

奥には 広場が 在りますが 
b0311168_13455910.jpg
此の日は チェルシーを連れて来ました  誰も居ないようでしたので  リードと胴輪を外してます




b0311168_13474688.jpg
陽射しが強いので チェルシーも 舌を出してます  暑いのでしょうけど


思い通り 動けるので ダッシュしたり 自分で遊んでました   今は 日陰の処で 私の方を見てました


b0311168_13500623.jpg
そして 「チェル!」と名前を呼ぶと 

b0311168_13563833.jpg
ダッシュで こちらに向かってきます  


b0311168_13580903.jpg
あらっ?…私の前を… 止まる気配はなく…

b0311168_13594085.jpg
おいおい… 勢いが有りすぎてか
  


b0311168_14010128.jpg
単に 此方を 無視してるのか…
b0311168_14014811.jpg
通り過ぎて 行きました… おいっ? チェルシー?


b0311168_14073854.jpg
簡単には捕まらないように 適当な距離を残して  こちらを見てます

b0311168_14102224.jpg
でも この後は リードも付けて この広場から 私もチェルも出て行ったのです



b0311168_14204918.jpg

そして 前記事にも載せましたが  休憩所として使われてる 自然体験塾を またカメラで撮り

b0311168_14194190.jpg
ホタルになる幼虫が居るので 川には入らないでくださいとの ことで傍から

b0311168_14222272.jpg

川の水が 灌ぐ先は  大きな池に流れてます  前回来た時は 「モーモー」と鳴く ウシ蛙の声が聞こえました 

b0311168_14250574.jpg
では これで この自然遺産の森から 帰って行くことにしました

b0311168_14284982.jpg

では  また次回です




[PR]
by kabu360 | 2015-05-30 14:31 | Trackback | Comments(10)

自然遺産の森で  その1

此の日は  各務原市の自然遺産の森と言う 公園に行きました

b0311168_06243506.jpg

広場には  家族連れや ご年配の方など 散策などされて 賑わってた 光景が見えたのです

b0311168_06255104.jpg


此の日は チェルシーと 一緒では無かったので  こんな場所は 喜ぶだろうと 足早になって歩きました

b0311168_06290956.jpg


それで 今回は 下見と云いますか どんな場所だろうと 私自身の 散歩も兼ねて 歩きました

黄色い アヤメでしょうか 菖蒲ですか 解りませんが 陽射しがキツい中 頑張って咲いてました

b0311168_06344815.jpg
何か 門のような  お屋敷ですか 建てられてました


b0311168_06445837.jpg

此処で 予備知識ですが 自然と里山をテーマとして造られた森林自然公園のようです

詳しくは 各務原自然遺産の森 にて ご参考にされてください 


中に 入りました 建物が見えました  


b0311168_06462256.jpg

表の 方には  茅葺の建物が  実は此方は  自然体験塾と云う施設で 各務原市に在った庄屋を移築されたようです

b0311168_06501613.jpg
中には 入りませんでしたが  休憩所のようで それを知ってれば 休んでたかもしれません(汗)

周りで いろいろ撮ってました

b0311168_10105570.jpg


b0311168_10143098.jpg


b0311168_10165246.jpg








歩くのが目的ですから  更に 奥へ歩きましたが 

b0311168_06543384.jpg
途中で (板場が破損してるので)歩かないでくださいと 云う所で


b0311168_18475865.jpg
コウホネが咲いてました

b0311168_18510622.jpg
では またこの記事は そのまま 次回も続きます


[PR]
by kabu360 | 2015-05-28 18:54 | Trackback | Comments(7)

新緑とゴミ拾い

さて 実は前記事の続きで 書いてましたが

またもお城を上る道での 散歩の話ですけど

撮った日ばかりでなく 使ったカメラも違いますし 話題の焦点がやや違うので

記事を分けてみました

前記事と 同じような写真になるかと思いますが 何分 近場での散歩なので その辺り ご了承ください

此の日は 今月も半ば過ぎた頃   

石垣と新緑

b0311168_16173150.jpg

もうサツキは無いですが 茂った青葉とお城

b0311168_16330451.jpg
お城の 外で咲いてました サツキに似てますが 正確には解りません

b0311168_16315534.jpg


今日は チェルも一緒です

b0311168_16560734.jpg

チェルは いつものようにハイペースで 登って行きます

b0311168_16563719.jpg


青葉の 陰を潜り抜け 
b0311168_16572838.jpg

または青葉の 横を通り

b0311168_16580482.jpg
最上部で お城から見える  山々や 東海北陸道を 見て

b0311168_16585286.jpg
サツキが咲いてた頃は 賑わしく 遠慮した 城内の 裏手に周り

b0311168_17003887.jpg
もう一枚

b0311168_17012764.jpg

などを 撮り…  ふと こんな箇所は撮らないと思う 城石と塀の境目を思い付きで撮り (汗)
 
b0311168_17084138.jpg
この頃 チェルは何か拾ったらしいので

b0311168_18013696.jpg

見たら 潰れた紙コップのようなゴミをくわえてました

b0311168_18021430.jpg
お城やその下の 公園ではゴミ箱が無いので  仕方が無いので お手洗いの裏の掃除道具傍に 置いて来ました

b0311168_18024355.jpg

そして 城山から 下りてくる途中に 新緑の絨毯を見たような

b0311168_18000560.jpg

そんな気がしたような これは 遅咲きのサツキでしょうか


b0311168_18032625.jpg
では また次回です






[PR]
by kabu360 | 2015-05-26 18:12 | Trackback | Comments(11)

城とサツキと新緑 

今週も 散歩での記事が続きます

まずは 郡上八幡城にて 

千代さんの銅像の裏から

b0311168_06165902.jpg


いつもの お城へ行く 道で

b0311168_06211511.jpg
 
   
新緑の葉の 上から 天守が見えました

b0311168_06225992.jpg

此の頃は  サツキでしょうか 満開でした

b0311168_06330996.jpg

一度 石段を 下りて  車道から
    
b0311168_06344813.jpg
石垣の苔と影と 

b0311168_06491590.jpg
もう一枚

b0311168_06370723.jpg
少し 真っ直ぐに 

       
b0311168_06453016.jpg
やや 戻って

         
b0311168_06540281.jpg

城内の前で  

  
b0311168_06380896.jpg
城から 離れて

       
b0311168_06433318.jpg

と 今月の8日ころに 来て撮りました  





                                                                  



[PR]
by kabu360 | 2015-05-26 18:11 | Trackback | Comments(2)

明宝路 3

前記事からの続きです

めいほうスキー場から出て 次に向かった先は 明宝路 1 にも記しましたが

家人が 此の日 喫茶店でのお手伝いを 頼まれてましたので 私はチェルを連れて

陣中見舞いならぬ 1人の客として 出向いた訳です 

(と言いたい処でしたが 連休中でお店が忙しければ ヘルプでお皿洗いくらいを頼まれてたのでした:汗)


喫茶店は 川の側に在り  お店の外には 川に降りて行く 小道も有りました  その傍らに 薄青い花が咲いてます

b0311168_06013009.jpg

私は 外のテラスなら 犬を連れても良いらしいと聞いてましたので

座りました



b0311168_06413996.jpg

 昼の3時過ぎだったと 思います 山の陰になり 西陽が射してました  

 空は まだ青空が ありました


b0311168_06445643.jpg



 チェルは テーブルの脚に リードを繋いでました  他のお客さんに興味津々で やや興奮状態でした

 
b0311168_06503332.jpg
 しばらくして 家人が来て お昼の忙しい時期が過ぎてましたので 私の手は借りなくてもよかったようです
 
 (それが狙いで 私は わざわざ ぶらぶらとしてた訳なのです:汗)

 でも 実際 人員が足りていたようなので 私が手伝うまでも無かったようです


 少しお店の中が 空いてたようなので 私はチェルを お店のスタッフさんの中に 犬好きの人がみえるとの事で 

 暫くの間 預けて中に入りました


 私が座ったテーブルの後ろには バイクが飾ってありました 

 オーナーが バイク好きだったようです  若い頃は これを乗られてたそうです

b0311168_21075588.jpg
                                                             

 私は 赤カレーライス を注文しました 実は この喫茶店のカレーは たまに家人がルーのレトルトを買ってきてくれるので 

 味は知ってるのです

 最初に 運ばれてきましたのが  普通はサラダなのですが  ちょっと ボリューミーでしたが マスターのサービス付でした

 
b0311168_21102690.jpg
  そして 赤いカレーライス

  
b0311168_21114797.jpg
  最後に デザート  これもサービス付で こんなに通常は無いようです (汗)

 
b0311168_21131479.jpg
 食べて終わり  窓の外は  陽が傾いてるものの まだ明るく  家人も 本日のお手伝いが終わったようでしたので 
          
b0311168_06152805.jpg
  もう 一つ 行きたい所が ありました 毎年 来てる所なのです  それは…

           
     
b0311168_06214075.jpg
  チェルの横に咲いてるのは 芝桜です 此処は 明宝は奥住(おくずみ)の国田さんと言うお家の 畑にある 芝桜です

  通称 国田家の芝桜 と言われてます

 
b0311168_06291463.jpg

 
 夕刻とまでは 行きませんが やや陽が陰って 眺めるのには趣が無い感じです  夜間もナイターで照らされてるようです

  
b0311168_06371093.jpg
 チェルも 他の観光客さんに 興奮をしてので 家人が抱きながらの 観賞でした

              
b0311168_06380301.jpg
 ほぼ毎年来るのですが 段々と 観光的になり 一大イベントの町興しのような 気分さえ感じました

            
b0311168_06442687.jpg
  私としては 素朴な処も残して欲しいなぁ~と 思いました

      
b0311168_06454667.jpg
     では  国田家の芝桜を観て  此の日は 帰ります

         
          
b0311168_06485429.jpg


     では  また次回です

 
 
              
             
[PR]
by kabu360 | 2015-05-22 06:58 | Trackback | Comments(12)

明宝路  2

ようやく お昼過ぎに 雲間から  陽射しが戻って来ました

電線が邪魔でしたが これも仕方が無くです 


b0311168_17183072.jpg



今日も前記事の続きで  明宝路です 

道の駅 パスカル清見から  もう少し ぶらついて 此処は 広いですが 山が近くに見えるでしょ…

b0311168_17231438.jpg



此処は めいほうスキー場です  

b0311168_1726685.jpg


スキー場って 言いますが  近年は ボード いわゆるスノーボード場と言ってもイイですよね

それだけ ボードをおやりになる方が多いですね


此の日は 何もイベントが無かったせいか 静かでした  チェルをリードから解放しました

b0311168_17304297.jpg



チェルは リードを外しても 近くで 匂いを嗅いだり 走ってましたが 呼んだら 来るのです


谷底の 方には まだ今年の雪の残りの 雪塊が 有りました

b0311168_1733523.jpg



遠くの雲も 近くに感じました  まあ~標高の高い所ですから 当然ですけど

b0311168_1735279.jpg



右手に除雪の車 左に掛かるのは橋でした 気持ちがいい所でしたが 暑いので 10分くらいで去りました

b0311168_17392747.jpg



では また次回です
[PR]
by kabu360 | 2015-05-19 17:45 | Trackback | Comments(10)

明宝路  1

今日は曇ってます

もう連休は先々週に終わりましたが 5月の大型連休は  天候が好い日が続きましたので

何処へ行っても混雑をすると思い  遠出はしませんでした

それでも 私には珍しく 連休中に短時間でしたが仕事を済まして  後に書きますが 訳があって


郡上市は 明宝の方面へ向かいました 

実は家人が 連休中に 仕事で喫茶店にて お手伝いを頼まれ 私はチェルの守りを預かり

散歩がてら 高山市は清見町の 道の駅パスカル清見の川沿いに来てました

b0311168_15212237.jpg

(α350+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)


チェルも 同伴です

b0311168_15234385.jpg

(α350+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)


道の駅は 行楽の車やツーリングが主ですが バイクのライダーが沢山来てました

私は 車からチェルを引き連れて 人気のない方へ歩きました

b0311168_152837.jpg

(α350+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)


閑散としてる広場ですが   私のブログでは 半年くらいに 1回あたりくらい 載せる所です(笑)

b0311168_15464149.jpg




b0311168_15475063.jpg



チェルも 匂いを嗅ぐのに 一生懸命です

b0311168_15485321.jpg



向うの建物は 閉まってました ホテルのようです

b0311168_15523578.jpg



余りにも 閑散としてましたので 少し戻って橋の下の 川へ来ました チェルは いそいそと 水の中へ

b0311168_164428.jpg

(α350+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)


そして 夏が近づくと ラベンダー園になる 畑にも 行ってみました

まだ ラベンダーは これからでしたが タンポポが 沢山 群生してました

b0311168_16133758.jpg

(α350+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)


しかし チェルには暑そうでした  

b0311168_16174824.jpg



風で毛が乱れてますが 暑いよ~ぉと言ってる感じでした

b0311168_16234590.jpg



まだ居たいのですが チェルも暑さも心配でしたが それより 虫とか蛇などに 出くわさないように

そちらの方が心配でしたので この景色から去りました

b0311168_16453452.jpg



タンポポ畑も 観終わり  また次の行先にてです

b0311168_1647457.jpg


では また次回です








 
[PR]
by kabu360 | 2015-05-18 17:02 | Trackback | Comments(7)

妻籠と馬篭へ  5

前記事からの続きです


坂の上から 下りて来られる人通りを 潜って 私どもとチェルの一行は 休みながら坂を上って行きました

b0311168_17532329.jpg



途中で 家人が おやきを食べたいと 言いましたので 買いました

b0311168_17583290.jpg



コレでしたが 中身の生地が これはパンのような小麦粉で  家人が期待してたモノとは違いました

b0311168_1831762.jpg

(α700)

それでも 食べて お茶処では 休みませんでしたが 水分を摂りながら 歩きました

b0311168_1865295.jpg



途中 サツキでしょうか 綺麗な色でした

b0311168_1895373.jpg



此方も 花の名前は知りませんが 何となく 和みました

b0311168_18114647.jpg



坂の途中 道路と交差する所在り  そこで もう一頑張りです

此処にも 旅籠のようです  大きな家のようでした

b0311168_1817569.jpg



その横を 登って行きましたら 高札場が有りました

b0311168_1818242.jpg


さて もう一頑張りして 展望台と言う所まで 来ました 

そこは やや広い広場

石碑が有りました 

b0311168_1828020.jpg

(α700)
越県合併の石碑でした 

昔は 美濃の国(つまり岐阜県)だった この土地は 信濃の国(長野県)から 中山道を通り

京へ向かう方が多く 一度は信濃の国の土地でしたが 昭和と平成の合併で 岐阜県中津川市に

なったようです

本来 信州の出身で今は中津川市出身扱いになった詩人 島崎藤村の「夜明け前」で               

その一節が石碑にも書かれてました

「あの山の向うが中津川だよ。美濃は好い国だねえー」が 彫られてました

藤村が生まれたのは この馬篭は昔は信濃の国 木曽郡でした 小説の一節なので

私どもの軽い頭では 詳しいことは解りませんが 本当にそう思われたのか

そこまでこの石碑に彫るのか…と微妙な気持ちです

さて 本文に戻ります

恵那山の石碑の前で 私とチェルシーです 

b0311168_18504059.jpg

(α700)

雲は 厚くなってきましたが 雨は落ちませんでした

帰りも 歩いて まだ人ごみは 多く有りました

b0311168_1925352.jpg



チェルシー 帰りは 寝てました

b0311168_1935439.jpg

(α700)

では これにて 妻籠と馬篭へは 終わりにします

今週も ご訪問をしていただき 有難うございました(^.^) 

また 来週は いつもの地元での 出来事をお伝えします。
[PR]
by kabu360 | 2015-05-15 19:11 | Trackback | Comments(13)

妻籠と馬篭へ  4

前記事の続きです

妻籠宿を後にして 車で岐阜県側の 馬篭宿に向かいました

歩いて行けるとか 見聞きしてましたが とても そんな脚力及び行動力は有りませんので

モータリゼーションに頼りました

着いたのは 午後1時過ぎ 陽もやや傾いて来ました

b0311168_16355941.jpg



此方は 登坂が続きます 

b0311168_1638294.jpg



チェルシーは ややお疲れ気味です

b0311168_16402870.jpg



また 歩くの?と  愚痴が出て来そうです

b0311168_16424924.jpg



登りたくないと  

b0311168_1644286.jpg



仕方なく 家人に 甘えて  ようやく 歩き始めました

b0311168_164826100.jpg



途中 他所の子供さん達に 撫でられて チェルも嬉しそうです

b0311168_165144.jpg



此処は 登り始めは らせん状に石畳が連なり その横に

b0311168_17344087.jpg



大きな水車が廻ってます 三階建てのような館が 印象的でした

b0311168_1739656.jpg



チェルも 本当は 登るのが嫌では 無かったのです 妻籠に比べ 馬篭は 観光客が多く 

中には 同じ犬連れの方も見えました 同種のキャバリアの雄に 出会いましたが 
               
彼は 吠えてました チェルは吠えられて 戸惑ってました 等々 誘惑も多く

家人も 大変でした

b0311168_17463014.jpg



では また続きは次回とします
[PR]
by kabu360 | 2015-05-14 17:51 | Trackback | Comments(6)

妻籠と馬篭へ  3

前記事からの続きです


いつも犬の散歩で持ち歩いてる コンデジ(ソニーのWX-5)ですが 

b0311168_12232913.jpg

(WX-5)

改めて見ますと ディテールとか考えたら ダメですが 私はこれで十分じゃないかと思います

b0311168_1234495.jpg

(WX-5)

こちらが デジイチで 撮った駄写です

b0311168_17433336.jpg



どうでも イイですよね(汗)


さて 時間も お昼過ぎになり  お腹が空きました  そろそろ何か食べたいと云う事になり


お店を探して 歩いてました

b0311168_1748188.jpg



しかし 天候もよく  好い日に来ました  今まで たいてい 私と家人が 県外など 遠方へ

出掛けますと たいてい 雨が降ったりしましたが  4月の29日でしたが

初夏を思わす 好天となりました

チェルと家人を先に 行かせて  モノクロで

b0311168_17541397.jpg



やれ 食べ処を探そうと見ましても   銘菓やお餅では 満たせませんし

b0311168_1804322.jpg



何処かの番組で 放送してました 粋な洋服店さんも 在りました

b0311168_1833937.jpg



それで 結果的に 入りましたのが 五平餅じゃなく その横に書いてあります 信州そばを注文しました

チェルシーだけ外に 出させるのも不安でしたの 縁側の椅子で お店の方の了承を得て座りました

b0311168_1885534.jpg



喉も乾いてましたので 私はビー玉の入ったラムネを 注文しましたら  両手がラムネで濡れてしまい

撮れませんでした  なので 注文した ざる蕎麦を 縁側でいただきました

b0311168_18105064.jpg



やはり本場なのか 手打ちそばの 腰がよく分かり 麺のハリもしっかりして 

私も家人も美味しくいただきました  チェルには おやつをあげました

b0311168_18232962.jpg



一休みし また歩きました 今度は来た通りを戻る方向です  歩きかけて綺麗な花と思い撮りました

b0311168_18253970.jpg



此方も

b0311168_1827864.jpg



花だけでなく 旅籠も 

b0311168_18275141.jpg



この段差があって 狭い路地が イイですよね

b0311168_18292536.jpg



妻籠宿の 最後は シャレでは無いですが 白いサツキを撮り

b0311168_18313437.jpg



奥の 妻籠宿の看板にピンを合わせたら  確かに サツキが「まっしろや」になりました

b0311168_1834628.jpg



では 妻籠宿は こんな感じで 去りました 

今度は馬篭へと 向かいました ではまた 次回です
[PR]
by kabu360 | 2015-05-13 19:02 | Trackback | Comments(7)