長良川発電所(後)

本日も 前記事の続きで 美濃市に在る 中部電力の旧長良川発電所です

少し略歴を記しました…

日露戦争後の好景気を迎えた1906年(明治39年)、名古屋電燈が名古屋への電力供給を目的に大規模な水力発電を計画していた。発電所の設計や測量に携わった野口遵(シーメンス電気会社の技師)が計画を名古屋電燈に持ち込み、事業は名古屋電燈に受け継がれ1908年(明治41年)に着工となった。1910年(明治43年)に完成し同年に運用開始した。運開当時は日本で2番目の規模であった。長良川で最も古い水力発電所であり、2000年(平成12年)に登録有形文化財に登録、2001年(平成13年)には発電所関連施設が登録有形文化財に登録[1]、2007年度(平成19年度)に近代化産業遺産に認定された。

運用開始から1981年(昭和56年)までドイツ製(フォイト社製)水車(最大出力2330kw)とドイツ製(シーメンス社製)発電機(最大出力2500kW)3基で発電を行なっていたが、中部電力の手により、機器の老朽化に伴いL字型に建てられていた旧発電所建屋の一部を取り壊し、新しく発電所建屋が建設され発電機および水車が取り替えられた。今でも旧発電所建屋に取り壊された建屋部分の跡が残っている。建設された建屋は景観を損なわないように配慮され、旧建屋と同様に外壁はレンガ調の造りになっている。取り替えられた古い発電機が発電所横に展示保存されている。 …ウィキペディアから引用しました


この写真の左側を流れる 長良川を挟んで国道156から レンガ造りの建物が観るのですが

b0311168_18572794.jpg



こんな歴史の在る発電所とは 思いもしません。


あの色が薄くなってる レンガはこちらに建屋が在ったのでそれの一部を壊した跡のようです。

b0311168_1975422.jpg




手前は発電機の水車 そして旧発電所の建屋

b0311168_19135164.jpg



もう少し寄ってみました  黒いゴムのような感じでした。

b0311168_1917365.jpg



その横に レンガ塀が有り  運用開始当時の ドイツ製を水車を入れたのでそのプレートが飾ってありました

b0311168_19212434.jpg



私は 少し離れて 長良川に掛かる立花橋の上で 撮りました

b0311168_19231322.jpg



もう1枚同じですが 展示してある白い発電機のすぐ奥は現在の発電所でその奥が先ほどから撮ってた

旧発電所です。

b0311168_19262898.jpg



最後の前の1枚は 躑躅と発電機

b0311168_19281132.jpg



最後は やはり赤レンガと窓でした。

b0311168_19293253.jpg

(α-7 DIGITAL +SAL18135  リサイズしてます)


では 今回は後編が 多く駄写となりました、 また次回です。
[PR]
by kabu360 | 2016-06-10 19:31 | 神社・寺院 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://kabu360.exblog.jp/tb/25897918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jarippe at 2016-06-11 11:22
このところのkabuさんのブログで
岐阜県が好きになりそうです
昨日のTVでもそう思いました
見てみたい写真ばかりですもの
木曽川にも発電所の歴史があります
水力発電で明るくなってきた我が国なんですねー
海のない山国なんて馬鹿にしちゃいけませんよね
Commented by ボス。 at 2016-06-11 17:37 x
送信できるかなぁ!?
Commented by kabu360 at 2016-06-12 07:29
コメント有難うございます。

jarippeさん
岐阜県が好きになってと仰っていただき
県民の一人として有難うございます(^.^)
私も長野県の山々や蕎麦など好きな所がありますよ!
水力発電の歴史は古いようですね、木曽川にも
有るでしょう(^.^)海に水を送ってるのは山の在る
所ですから誇ってよいのではと思います。


ボス。さん
旧発電所の横に今現在使ってる発電所が建ってるので
送信できるのではと思います。
Commented by みかん at 2016-06-12 11:14 x
発電所とは 思えない感じですね
ちょっと 自転車で行けば 木曽川中央から
向こうは 岐阜県 
こちらは いちょうで埋め尽くされてる感じなのに
川一つ 挟むだけで 樹木も一変するんですね
今更ですが 不思議です☆
Commented by kabu360 at 2016-06-13 15:45
コメント有難うございます。

みかんさん
一つ川を隔てると 意外と違うことが
少なくないですよね(^^ゞ
発電所は今でもそうなんでしょうが
多額の費用が掛かって建てられてるのでしょうね
建設当時はこの場合 明治時代でしたので
重厚な建てられ方だったのでしょう。
Commented by sarusaM1 at 2016-06-13 19:08
水力発電所は昔からありますが、よく考えてみると自然のエネルギーを利用した発電所ですね。
近年発達してきている風力や太陽光などと同じように。
今のご時世、大規模なダムを造らないこのくらいの規模の規模の水力発電を見直す必要が有りそうですね。
1つの集落の電力は軽くまかなえそうですし、昔から有るので技術も成熟しているでしょうし。
分散して建設すれば災害時にも強そうです。
「技術が未発達な」 原発なんかよりも全然良いと思います。
ちなみに この発電所の取水口は数㎞上流にあり、水路が続いてます
Commented by kabu360 at 2016-06-14 13:50
コメント有難うございます。

sarusaM1さん
そうですね~水力発電も規模が小さければ
費用も少なくて済みそうですね。
この発電所の山側に少し足を踏み入れましたが
とても軽装備では行けない所でした(^^;
<< 一里保木の岩ツツジ(前) 長良川発電所(前) >>