妻籠と馬篭へ  5

前記事からの続きです


坂の上から 下りて来られる人通りを 潜って 私どもとチェルの一行は 休みながら坂を上って行きました

b0311168_17532329.jpg



途中で 家人が おやきを食べたいと 言いましたので 買いました

b0311168_17583290.jpg



コレでしたが 中身の生地が これはパンのような小麦粉で  家人が期待してたモノとは違いました

b0311168_1831762.jpg

(α700)

それでも 食べて お茶処では 休みませんでしたが 水分を摂りながら 歩きました

b0311168_1865295.jpg



途中 サツキでしょうか 綺麗な色でした

b0311168_1895373.jpg



此方も 花の名前は知りませんが 何となく 和みました

b0311168_18114647.jpg



坂の途中 道路と交差する所在り  そこで もう一頑張りです

此処にも 旅籠のようです  大きな家のようでした

b0311168_1817569.jpg



その横を 登って行きましたら 高札場が有りました

b0311168_1818242.jpg


さて もう一頑張りして 展望台と言う所まで 来ました 

そこは やや広い広場

石碑が有りました 

b0311168_1828020.jpg

(α700)
越県合併の石碑でした 

昔は 美濃の国(つまり岐阜県)だった この土地は 信濃の国(長野県)から 中山道を通り

京へ向かう方が多く 一度は信濃の国の土地でしたが 昭和と平成の合併で 岐阜県中津川市に

なったようです

本来 信州の出身で今は中津川市出身扱いになった詩人 島崎藤村の「夜明け前」で               

その一節が石碑にも書かれてました

「あの山の向うが中津川だよ。美濃は好い国だねえー」が 彫られてました

藤村が生まれたのは この馬篭は昔は信濃の国 木曽郡でした 小説の一節なので

私どもの軽い頭では 詳しいことは解りませんが 本当にそう思われたのか

そこまでこの石碑に彫るのか…と微妙な気持ちです

さて 本文に戻ります

恵那山の石碑の前で 私とチェルシーです 

b0311168_18504059.jpg

(α700)

雲は 厚くなってきましたが 雨は落ちませんでした

帰りも 歩いて まだ人ごみは 多く有りました

b0311168_1925352.jpg



チェルシー 帰りは 寝てました

b0311168_1935439.jpg

(α700)

では これにて 妻籠と馬篭へは 終わりにします

今週も ご訪問をしていただき 有難うございました(^.^) 

また 来週は いつもの地元での 出来事をお伝えします。
[PR]
by kabu360 | 2015-05-15 19:11 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://kabu360.exblog.jp/tb/24479885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ボス。 at 2015-05-15 19:16 x
キャハー!!
可愛い寝顔❤
Commented by よっちん at 2015-05-15 23:07 x
今日はまだ職場です。
帰宅が深夜になるので
訪問だけで失礼します。

応援ぽち
Commented by 由乃 at 2015-05-15 23:19 x
こんばんは
馬籠宿は、妻籠より整備されてて
綺麗な感じですね
私は妻籠のほうがすきですがw
チェルちゃん、いっぱい歩いて
疲れちゃったんですね
可愛い寝顔だわ⭐
Commented by みかん at 2015-05-16 00:38 x
こんばんはー
チェルちゃん お疲れだったのね、
知らない土地を歩くのは ワンちゃんには
縄張り荒しみたいで 緊張したかも
いつもの匂いのする所で 安心したのね
Commented by funfunniconico at 2015-05-16 11:43
1枚目と4枚目のモノトーンな写真は
まるで版画作品のようですね!

帰り道のチェルシーちゃんの寝顔、かわいい。 ^^
ワンコ連れは大変な事もあるけれど、
けっきょくは一緒にいて癒される事が多いのではないでしょうか~?? ^^
Commented by しろ at 2015-05-16 19:43 x
kabu360 さん

こんばんは、
モノクロ写真、懐かしく懐古感じになり趣き増すようです。
ご夫婦でのお出かけ、会話が弾み、和まれることでしょう。
チェルさん、楽しくお疲れでしたね、かわいらしいこと !
素敵な旅、いいなぁ!
Commented by jarippe at 2015-05-16 21:23
そのまま木曾谷を木曽川にそって北へいらしてください
木曽をぬければもうすぐ松本ですよー
Commented by kabu360 at 2015-05-17 20:31
コメント有難うございます

ボス。さん
寝てる時は 大人しいので助かります(^_^;)


よっちんさん
お疲れさまです それでも
ご訪問していただき有難うございます(^.^)


由乃さん
私も観光的には馬篭は整備されてるのですが
妻籠は却ってその昔ながらのよさが残って
温かみが有るようでした(^.^)
チェルは初めての長距離の遠出で疲れたのでしょうね
いびきを掻いてる時もあります

みかんさん
散歩は好きなのですが 長距離で舗装した道が
多かったのか疲れたのでしょうね(^.^)
割りと友好的なチェルでしたが 人ごみやよそ様の
お犬さんなどで歩き難いことも有ったかと
帰って来て思いました


funfunniconicoさん
1枚目と4枚目のモノクロの写真にご感想くださいまして
有難うございます(^.^)
妻籠から似たような風景が続いてましたので
モノクロで載せてみました
チェルの寝顔に有難うございます
そうですね~大変な時も有りますがその分
癒される事も多く有りますね(^^ゞ


しろさん
この馬篭も先の妻籠のように中山道の宿場町なのですが
観光的で特に足元が歩き易いように凹凸が無く升で仕切ったような模様でつまり古いのですが手が加えてあるので
少し残念ですね(^_^;)ですからモノクロで撮ってみました
夫婦の会話は微妙です(笑)でもチェルが居たので
まずまず行って来れました(^^ゞ


jarippeさん
そうでしたか~なるほど北上すると云う事ですね
信濃の国は長いですから車でもしんどいような
気がします(^^ゞ
Commented by ks_1119 at 2015-05-18 08:24
メリハリの利いたモノクロも綺麗でいいですね。
Commented by hiraoka-yoshi at 2015-05-18 14:52
モノクロを見ると上手い人がやるから・・プロかしらね・・・
素敵だわ・・・ 
あの花は勿忘草のようです・・・。
ちごゆり嘉子でした ☆☆
Commented by kabu360 at 2015-05-18 17:08
コメント有難うございます

ks_1119さん
有難うございます(^.^) 
モノクロも凝ると面白いですね

ちごゆり嘉子さん
有難うございます!残念ながら写真で生計を立てるほど
の腕は持ってません(^.^)
それでもお褒めいただき嬉しく思います
物忘草!ですか確かに今の私に近いです(汗)
☆も有難うございます
Commented by sarusaM1 at 2015-05-18 19:39
モノクロ写真!良いですね(^^)
社員旅行では行ったことのない所ばかりです。
のんびりと個人で行ってみたくなりますね。
一日撮ってても飽きないですね。
Commented by kabu360 at 2015-05-19 06:38
コメント有難うございます

sarusaM1さん
有難うございます 昔の町並みと云う事で
試しにモノクロでした(^.^)
馬篭は妻籠より観光的に整備されてる感じを受けました
晴れれば恵那山がよく見えますし風景なら馬篭
町並みを散策するなら妻籠と勝手ながら思いました(^^ゞ
<< 明宝路  1 妻籠と馬篭へ  4 >>