妻籠と馬篭へ  4

前記事の続きです

妻籠宿を後にして 車で岐阜県側の 馬篭宿に向かいました

歩いて行けるとか 見聞きしてましたが とても そんな脚力及び行動力は有りませんので

モータリゼーションに頼りました

着いたのは 午後1時過ぎ 陽もやや傾いて来ました

b0311168_16355941.jpg



此方は 登坂が続きます 

b0311168_1638294.jpg



チェルシーは ややお疲れ気味です

b0311168_16402870.jpg



また 歩くの?と  愚痴が出て来そうです

b0311168_16424924.jpg



登りたくないと  

b0311168_1644286.jpg



仕方なく 家人に 甘えて  ようやく 歩き始めました

b0311168_164826100.jpg



途中 他所の子供さん達に 撫でられて チェルも嬉しそうです

b0311168_165144.jpg



此処は 登り始めは らせん状に石畳が連なり その横に

b0311168_17344087.jpg



大きな水車が廻ってます 三階建てのような館が 印象的でした

b0311168_1739656.jpg



チェルも 本当は 登るのが嫌では 無かったのです 妻籠に比べ 馬篭は 観光客が多く 

中には 同じ犬連れの方も見えました 同種のキャバリアの雄に 出会いましたが 
               
彼は 吠えてました チェルは吠えられて 戸惑ってました 等々 誘惑も多く

家人も 大変でした

b0311168_17463014.jpg



では また続きは次回とします
[PR]
by kabu360 | 2015-05-14 17:51 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kabu360.exblog.jp/tb/24475673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よっちん at 2015-05-14 22:52 x
妻籠は長野県だと
思っている人が多いんですよねぇ。

木曽路は歩いて旅するのが
一番いいなぁ。

応援ぽち
Commented by みかん at 2015-05-15 06:46 x
おはようございます
チェルちゃん 地面の熱の照り返しがきつく
だいぶ ばて気味だったみたいですね^^;
古民家も多く 情緒たっぷり ゆっくり
散策するのに よいですね、途中の誘惑
ワンちゃんには 辛い ^^
Commented by kan at 2015-05-15 08:32 x
歴史を感じる建物や石畳・・・
心の安らぎを与えてくれるような、落ち着きを感じます。
チェルちゃんも一緒に歴史巡りをされたのですね!
それにしても中山道は、まだまだ沢山の歴史がそのまま
残っているのですね~♪
Commented by jarippe at 2015-05-15 11:05
きれいな写真を沢山ありがとうございます
お天気も良くて 愛妻さまtpチェルと
最高ですね
Commented by funfunniconico at 2015-05-15 12:42
やはり素敵な所ですね!
いつだったか・・
何かで写真を見て、「行ってみたい♪」と思った事を思い出しました。
次回も楽しみにしています。

チェルちゃん、たくさん歩いて夜は爆睡でしたか? ^^
Commented by kabu360 at 2015-05-15 19:33
コメント有難うございます

よっちんさん
お恥ずかしい話ですが 私もはっきりせずに
今回出向いてました(^_^;) 
もっとも交通の利便性からですと愛知県へ南下する
のも良しなのです。
坂道を歩くのは平坦な道より体力を使いますよね
ポチも有難うございます


みかんさん
まだ9ヶ月の子犬ですし 散歩は好きでも体力は未熟です
からね(^_^;)照り返しもキツいかも知れません
やはりリュックに背負ったり抱っこして移動するのも
これからは考えモノです(^^ゞ
いろんなワンちゃんとの触れ合いも有りました
普段より刺激が多く疲れたのかもです


kanさん
この馬篭は先の妻籠より 観光的になってました
それを良し悪しするのは措いて 建物や道など
保存して残すと云うのは利便性を追求する現代では
難しいかもですが人間本来の心の豊が養われると
思いました(^.^)
チェルも草臥れてました


jarippeさん
いつもの駄写ですがお褒めいただき嬉しく思います
有難うございます(^.^)
まず天候のよき事でそれが全てでした
清々しい信州 好い所でした


funfunniconicoさん
有難うございます!和服姿も似合う所ですよね(^.^)
本当は夕暮れになりますと 外灯が無いので
そこにお店などの灯りが灯ると これまた好い町並みです
問題はその時間に此処に居れませんので 帰るのですけど(^_^;) 
チェルは もう帰り道はぐったりでした
人?って思うくらいです(笑)


<< 妻籠と馬篭へ  5 妻籠と馬篭へ  3 >>