妻籠と馬篭へ  2

前記事からの続きです


藤棚や高札場の通りからの 引き返し 最初に通りへ上ってきた 今度は右側に進路を向けました


b0311168_6472552.jpg




お昼ご飯には まだ時間的に余裕が有りましたが こんな風に書いてありますと 寄りたいですよね

b0311168_6525415.jpg




しかし まだじっくり見たいと 思い 歩き始めました この妻籠宿は 

b0311168_6561233.jpg



同じ事を書くかもしれませんが  江戸時代風の様式がそのまま残ってるのが イイですね

b0311168_714032.jpg



と言いながら  陽射しがあり意外と暑い感じもしましたので 甘味処を探してたのも事実です(汗)

b0311168_185728.jpg


南木曽町博物館  脇本陣には  私一人でしたので 入ろうかと思いましたが 

b0311168_18193131.jpg



チェル連れの家人が気になり  外だけ 撮り 退散しました

b0311168_1892684.jpg



傍で待っててくれてましたが  外でブラブラするには暑すぎて  

どこか館の中でも 小休止できればと思いまして 今度は 妻籠宿本陣の方へ入ってみました

b0311168_18115397.jpg



モノクロで 載せてみました

b0311168_18313360.jpg

(α700+DT18-135mm F3.5-5.6 SAM加工有り)

b0311168_18345974.jpg

(α700+DT18-135mm F3.5-5.6 SAM加工有り)

受付の係りの方に 犬は中に入れないですか?と尋ねたら 

抱いていただけたら大丈夫ですよと 仰られたので

チェルシーも ご覧の通りです

b0311168_18402396.jpg

(α700+DT18-135mm F3.5-5.6 SAM加工有り)

私は このお屋敷で 感動したのは この縁側の環境です

b0311168_197259.jpg



余所見をしてると  足を踏み外して 落ちそうになります(汗)

b0311168_1974755.jpg



狭い中でしたが  癒しを感じました

b0311168_1992757.jpg




b0311168_19114465.jpg




b0311168_19121730.jpg



昔は よく土の塀や 木の扉を見ました が最近は 珍しいモノになりました

では また続きは次回です
[PR]
by kabu360 | 2015-05-12 21:51 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://kabu360.exblog.jp/tb/24466903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よっちん at 2015-05-12 23:01 x
今日も仕事が山積みで
帰宅が深夜になりそうです。

訪問だけで失礼します。
早く仕事の多忙さから解放されたい(+o+)

応援ぽち
Commented by kan at 2015-05-13 08:33 x
趣のある古い町並み、なんだか時間がゆっくり経過してるようで
少年の頃の自分を思い出したりします^^
最近なかなか時間が取れず、遠出してませんが、遠出したい
気持ちがより濃くなってきました。
Commented by ks_1119 at 2015-05-13 09:53
味のある書体ですね。このような文字を見たら美味しそうに思えますね。
Commented by minn at 2015-05-13 16:42 x
お久しぶりです
いろいろとチェルさんを連れてお出かけでしたね
今度はぜひチェルさんも一緒にお泊りできるところに行けるといいですね~
Commented by jarippe at 2015-05-13 18:25
妻籠が岐阜県に行ってしまったのが
寂しくてなりません
そこに暮らす方たちの生活があるから仕方ないんですけどね
県境に暮らす方たちへの心配りも足りなかったのかもしれないですね
Commented by ボス。 at 2015-05-13 18:44 x
チェルシーさん!
一緒に入れて良かったね ❤
Commented by kabu360 at 2015-05-13 19:27
コメント有難うございます

よっちんさん
お仕事お忙しいところ ご訪問くださいまして
有難うございます(^.^)
遊んでる時間は早く過ぎ 仕事などしてる時間は
遅く感じますよね お疲れさまです。
ポチも有難うございます


kanさん
私も所謂「おい!そこの坊主」って少年期に言われて
土を袖や膝に付けて遊んでました(^_^;) 昔は路肩の
石や草が遊び道具でした(笑)
自分も自営なので忙しい時はとても思い付きませんが
それはそれで経営的には好いのですけど(笑)やはり
やっておきたい事って歳を取ると明確になりますよね


ks_1119さん
大きく筆で書いてあるような書体ですよね
また引き戸の障子紙に書くってのも時代劇に出て来そうですね(^.^)


minnさん
お久しぶりです!
はい!チェルと出掛けてます(^.^)
その泊まる所も探してるのですが
まぁ~いつになるかなって感じです

jarippeさん
あっ!そうだったようですね
つまり越県合併ってのでしょうか(^_^;)
詳しい事情はその土地に住んでないと分からないのかも
知れませんね でも行政のやることは何かしら
表向きだけって気がします

ボス。さん
そうなんですよ! チェルも抱っこして
まるであかんぼうでした(^.^)
Commented by sarusaM1 at 2015-05-14 03:59
妻籠宿、良い雰囲気の場所ですね(^^)
色々細かいところもしっかり保全されてますね。
それにしてもチェルシーちゃん、抱っこされてキョトンとした表情してますね(^^;
Commented by kabu360 at 2015-05-14 06:28
コメント有難うございます

sarusaM1さん
古き昭和の町並みが保全されてると
聞いてたのが妻籠宿でした なので建物の外ばかりで
なく中も見たかったのです(^.^)
チェルはお利口さんに抱かれてました!救いでした(^^ゞ
<< 妻籠と馬篭へ  3 妻籠と馬篭へ 1 >>