ジローとの別れ

b0311168_16213679.jpg


これは 冬の日向ぼっこ中に…


こちら 夏の暑い日に  

b0311168_16242238.jpg



ジローは 17歳の今年の夏  

b0311168_16244890.jpg



b0311168_16252967.jpg



心臓発作を ひと月ほど前にお越し  

b0311168_16281676.jpg



日中は殆ど寝てばかりで  専用のフードも食べず 水も数回舐める程度でしたが

b0311168_16394685.jpg



それも しなくなり

b0311168_1640426.jpg



この5日の朝に 永眠しました

b0311168_16414855.jpg

(富士フィルムFinePix F31fdなど 加工有りです)


遺体は ジローも最後まで人の私たちにも見せたくないように 無い体力を振り絞り外に出て行こうと
しましたので その気持ちを感じて載せませんが 雄叫びと嘔吐と失禁などありで
その後安らかに眠りました
病院ではやはり高齢猫とあって限られた処置でまた家人が無駄な延命処置をジロー自身も
嫌いであろうと思い 家で看取ろうと云う判断でした
その判断が正しかったと思ったのは ジローとの一緒に居た時間が多くできた事でした


では また次回です
[PR]
by kabu360 | 2014-08-14 22:46 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://kabu360.exblog.jp/tb/23117661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gachako1121 at 2014-08-08 17:12

お疲れ様でしたね (T . T)

安らかにお休み 下さいませ ( ̄^ ̄)ゞ
Commented by jarippe at 2014-08-08 17:45 x
泪 泪 泪 。。。。。。
辛いですね  仕方ないけど辛いです
真黒な大きな瞳が・・・・
沢山の写真と共に思い出話をしてあげてくださいませ
我家の猫も14歳になります
今は元気です 夏痩せしているけれど
いずれその時が・・・・・・潤 潤
Commented by kan at 2014-08-08 17:58 x
そうでしたか。。。
カブさんご夫婦にとって、ホントに辛い8月になりましたね。
ご愁傷さまです。
17年といえば人で言うところの高校生ぐらい・・・
色んな思い出がおありでしょうから、辛さは察する以上でしょう。

でも、きっとジローちゃんは幸せな一生だったはず。
天国からカブさんご夫婦に、「ありがとう!」と言ってる姿が
目に見える気がします。

ジローちゃん、安らかに眠ってください。
Commented by よっちん at 2014-08-08 18:47 x
17年…
長く長く、大切な時間だったことでしょう。

最後の最後まで
健気に生きたんですよね。
そんな姿に涙が出そうです。

応援ぽち
Commented by しろ at 2014-08-08 18:58 x
kabu360 さん

きっと シロと いいお友達に なってることだしょうね。

                   合掌
Commented by 由乃 at 2014-08-08 19:30 x
そうでしたか....
ジローさん、最後まで頑張ってくれたんですね
家族に看取られて
幸せだったのではないでしょうか


Commented by みかん at 2014-08-08 19:54 x
辛い日々でしたね、お疲れ様でした
命を見届けると言うことは とても辛い時間
今は 空の上で シロちゃんと 仲良く遊んでる頃でしょうか
心から お悔やみ申し上げます
Commented by kabu360 at 2014-08-09 10:02
gachako1121さん
ご無沙汰してます ご訪問していただき有難うございます
いきとしいけるものの性ですね<(_ _)> 出会いが有れば別れも有り
お悔やみいただき有難うございました。
Commented by kabu360 at 2014-08-09 10:13
jarippeさん
有難うございます
やはり泣かないと思いましたが涙がでました(/_;) 
これが有るから生き物との別れは嫌なのですが まして身内のような
感じでしたので尚更です。
そうですか~jarippeさんの猫さんも高齢の域に入られてますか(^_^;)世間でもペットの高齢化は今現代では致し方ない問題ですね
いづれは訪れるであろうその時まで 後悔なくご愛情を注がれて
ください。
Commented by kabu360 at 2014-08-09 13:48
kanさん
有難うございます
いづれはこのような時を迎えるのは 解ってましたが やはり来ると
実際は悲しいモノですね(^_^;)お悔やみいただき痛みいります。
猫の場合17才と云うとかなり高齢猫かな~と思うのです
実際毛並や足腰の敏捷性はネコらしいとは言い難いほどでした。
そうですね~ジローも都合で7歳の頃此方で私どもと一緒に暮らすようになり ひと昔の武士で言えばお国替えを強いられ前の町でマンション住まいから田舎侍になって当初はショックで部屋から出てこない始末もありました(汗) しかし 猫の額ほど頭で考えたのでしょう!此処で生きて行くことを(笑) 多分 あの世で「ありがとう」と思って貰えばいいのですが 気ままな猫でしたので(^^ゞ 励ましのお言葉有難うございました。
Commented by kabu360 at 2014-08-09 13:59
よっちんさん
有難うございます
犬もそうですが 猫も段々と1年間が 人間の数年に相当しますよね
17年は長いので ほとんど家の中に居てたまに家の周りを散歩する
程度でしたので 一体いつどのように弱くなるのか謎でしたが
人間でもそうですが高齢になり病気になるとそれが運命となる
病気もありますよね(^_^;)
でもウチのジローの場合は 猫らしく野生性を感じながら逝きましたのでこれでよかったのかなと想います。
ポチ有難うございました。
Commented by kabu360 at 2014-08-09 14:01
しろさん
有難うございます
そうですね(^.^) そう願いたいです!シロちゃんと畑を散歩して
居るでしょうね   お悔やみ有難うございます。
Commented by kabu360 at 2014-08-09 14:10
由乃さん
有難うございます
約ひと月前から 外に出るはおろか自分たちが台所に居ても
来ないようになり ほとんど寝てばかりでした
2週間前ほどより よろよろ動くことしか出来ずそれでも 背中を
軽く叩いてやると気持ちよく4枚目のような表情になるので
それを亡くなる前夜までしました。
ジローも私たちと共に息を引き取るまで看取れましたので
よかったと思います。
Commented by kabu360 at 2014-08-09 14:15
みかんさん
有難うございます
弱くなってるジローを看るのも 気落ちした気分でしたが
実は居なくなった今の方が 気分が暗くなってるようです(^_^;)
私はいいのですが家人は特に(汗)
そうですね~シロちゃんにしろさんの畑を案内されてるかと思います!
お悔やみいただき有難うございます。
Commented by minn at 2014-08-10 10:58 x
こんにちは
台風の日にすごく悲しいお知らせを見てしまいました・・・
そうだったんですか
でもジローくんはカブ太郎さんところに飼われていてすごく幸せだったと思います
きっと先に逝った私のツイスターさんと遊んでいるかなぁ
Commented by sarusaM1 at 2014-08-11 03:03
長年付き添ってきた愛猫が居なくなるのは寂しいでしょうね(;;)
最近犬や猫を最後まで面倒見ない飼い主が多くて社会問題化してますが、コレが本当のカタチなんですよね。
ジローちゃんも最後まで面倒みてもらい家で看取ってもらい、さぞかし幸せだったんでしょうね・・・。
最後の亡くなるとき、幸せそうな顔をしてませんでしたか?
やはり猫も遺体を見せたくないんですよね?
というのも数年前、友人の家で飼っていた犬が高齢で、亡くなる寸前に行方不明になってしまいまして・・・。
ちゃんと小屋の前につながれていたのにどうやって抜け出したのか謎のままのようです。
きっとどこかで安らかに眠っていると思います。
今頃天国でジローちゃんと遊んでいるのかもしれませんね。
Commented by kabu360 at 2014-08-11 16:24
minnさん
有難うございます
台風は思ってたより三重を中心に大雨などの水の被害があったようですね
!ジローのお悔やみのお言葉いただき有難うございます<(_ _)>
急な死ではなく弱りながらも自分の死を悟って逝ったようでした
そうですね~ツイスターさんとも出会ってるかも知れませんね!
Commented by kabu360 at 2014-08-11 16:42
sarusaM1さん
有難うございます
お悔やみのお言葉をいただき有難うございます<(_ _)>
私の住まいに来て10年ですが早いと云えば早かったような気がしました。
人の高齢化はご存知の通りですがペットも高齢化になり面倒見が難しくなりつつあるのも現状ですね!そういう面で言えばジローは幸せだったのかもと振り返ります。犬は最近飼ってませんので分かりませんが
猫は野性味が犬よりつよく自らの死を見せないと言われてます、しかし
車社会の依存が強い田舎では交通事故死も多々有り亡骸を見せない
情況が常ではないです。最後は静かな寝顔でした。ご友人のワンちゃんも少なからず野生の感が起きたのでしょうかね~動物の気持ちが分かると好いでしょうね!あちらの世界ではジローも猫を忘れて遊んでるでしょうかね。
Commented by sustena at 2014-08-23 00:21
アラーキーのチロちゃんの写真を思い出してしまいました。やさしい飼い主さんで、ジローちゃんも幸せものでしたね。
Commented by kabu360 at 2014-08-23 06:31
sustenaさん
有難うございます
私もジローが体の弱りが目立つ時期にアラーキーさんのチロちゃんの
写真をネットで見て 本当に愛猫に対する撮り方が少しわかるような気がしました。お悔やみのお言葉をいただき有難うございました。
<< その後 クリンソウ・ササユリ再び2 >>